出会い系アプリで友達探しってできるのか?

友情と恋愛感情の画像

出会い系アプリでは様々な目的をもって利用しているユーザーがいるため、一般的な出会い以外にも友達作りのために利用する人もいたりします。
そんな出会い系アプリでは実際に友達探しをすること、友達として実際に出会うことは容易なのでしょうか?という疑問に対する答えを調査してみました。

出会い系アプリで友達を作るのは難しい

男女のあいだに友情が成立するのか、はよく議論されることですが、出会い系アプリに関して言えば、友達を作ることは難しいと言われています。男女の出会いを企画して作られたツールということを念頭において登録しましょう。

恋人を探す場所で友人を探すという考えは、ずれている
出会い系アプリは、恋愛をしたい異性が出会うために作られたツールです。運営する側も、そこに集まるユーザーも「異性と会えること」を根底で意識しています。つまり、「恋愛に発展する相手に出会えたか」が、ゴール地点のアプリなのです。

そんな男女が集まる場で友情を求めても、相手との行き違いが生じてしまうでしょう。それはまるで、お酒を飲む場所においしいスイーツを探しにいくようなものかもしれません。

男女の友情は成立するのか?

例えばもし恋愛に発展しなかったとして、そこに友情が生まれることはあり得るのでしょうか?そもそも、見知らぬ男女のあいだに友情は成立するのでしょうか。友情と恋愛感情は、こんなふうに違うようです。

友情と恋愛感情の違い
異性に対する友情とは?

  • 相手のことを高く評価する
  • 相手を信頼し、尊敬する
  • 自分との共通点を相手にみいだす

異性に対する恋愛感情とは?

  • 心も身体も相手とつながっていたいと思う
  • 相手のために、犠牲を払ってでもなにかしてあげたいと思う
  • 相手を独占したい、二人きりになりたい、と思う

アプリ内では、必然的にふたりだけの会話でやりとりがなされます。物理的につながっていなくとも、ことばというツールを使って、心理的につながりが深くなっていきます。そして、相手への想いやイマジネーションが膨らんでいきます。もし相手に好意を感じていたら、特別な想いがでてくるのが自然な流れでしょう。

一般的に、女性より男性のほうが、友情を恋愛感情と勘違いしやすいと言われています。もしも「いい人だからお友達としてつきあっていこう」と思っている女性がいたら、相手にいらぬ期待を持たせてしまう可能性が高いので、注意しましょう。

友達を探したいならツイッターやフェイスブックを活用

もちろん、インターネットを活用して友人の輪を広げていくことも可能です。そんなときに重宝するのは「Facebook」や「Twitter」です。これらは、純粋に自分のネットワークを広げるのにとても役立つツールで、使い方ひとつで日常生活が楽しく豊かになります。

  •  [Facebookは、旧友との再会ツール] 

    Facebookの素晴らしいところは、疎遠になっていた学生時代の友人や初恋の相手に再会できるところです。名前で検索することもできますし、出身校や年齢を登録することで、登録している同じ学校の同級生や先輩後輩が「友達かも」という表示ででてきます。

    「Facebookをはじめたら昔仲間とのつながりが復活した」、という話はよく聞くものです。また、ひとりの友人の友達リストから、あなたとつながりのありそうな人物をコンピューターが選び出し、「友達かも」という表示をしてくれます。

    ひとりの友達とつながったことから、どんどん、色々な友人と再会したり、会いたいと思っていた人とつながれたりということが起こります。友人だけではなく、仕事関係の人ともフレンドリーにつながることができます。Facebookは、あなたの人間関係を豊かに楽しくしてくれるでしょう。

  •  [共通の趣味&嗜好でつながれるTwitter] 

    Twitterは、見知らぬもの同士でも共通の趣味や好きなものでつながるのに最適なSNSです。検索をして、共通の関心ごとを持つ人を誰でもフォローすることができます。気軽にリツイートでき、「つぶやき」も非常にオープンなものなので、プレッシャーを感じることなく好きなようにやりとりができます。

    また、投稿がタイムリーに時系列に並ぶのも、Twitterの特徴です。ですので、有効に楽しむには、つぶやくタイミングが大切になってきます。「男女の出会いを求めている」という傾向は薄く、むしろ共通の話題や好きな人やもののことで幅広く知り合いを作っていくことができます。

友達作りにお勧めのツール